iphone修理西宮店 › 2012年12月10日

【iphone修理西宮店】水没とネットの影響

2012年12月10日



先日も水没の修理依頼でご来店のお客様がいらっしゃいました。
その時に感じたことがあったので書きます。

そのお客様は「とにかく中のデータが大事。バックアップはしばらくとってないしiCloudも使ってないから何とかしてほしい」とわざわざ宝塚の売布からご来店でした。
カバンから出されたiphoneを見てびっくりしました。
ジップロックに満杯のシリカゲル(袋菓子の中に入ってる乾燥剤です)、そしてそれに埋もれたiphone。
「インターネットで見たやり方で応急処置してきました」
なるほど、そんな記事は私も見たことがあります。
さらにお客様は遠心力を利用して水分を飛ばすためグルグル振り回したそうです。

バックパネルを開けてみました。

結論は水没判定シール真っ赤っ赤

それは仕方ないとして電源は入るのか。内部が一通り乾いているのを確認の上スイッチオン。立ち上がらず。
「お願いします。どうしても消したくないアプリのデータがあるんです」
とにかくお預かりすることにしました。
それから2時間超、ドックコネクタやバッテリー等、各種パーツを交換、基盤も丁寧に特殊清掃してあらためて電源スイッチオン。
祈るような気持ちで画面を見つめるとアップルマークが表れてきました。
よしっ!
しかし喜びも束の間、おかしなことに気付きました。
熱すぎるface07

基盤内部の回路がショートしているのでしょう。内部腐食ではさすがに私たちも手を出すことはできません。

お客様のご要望は「とにかくデータを救い出す事」だったので、このまま使い続ける事はできない点、家に帰ったらすぐにパソコンでバックアップを取ってもらう事をお伝えして修理完了いたしました。

インターネットで情報収集されてから来店される方は多いのですが、今回のケースも「緊急処置をしたから大丈夫」と一日おいてから来られたのが内部回路の腐食進行を招いてしまいました。
やはり一刻も早く診断を受けること。
これに勝る水没対策はありません。

お店の場所が分かりにくいという方はこちら

西宮北口:iPhone修理の専門店テックシーアール
(大阪、西宮、芦屋、尼崎、宝塚のアイフォン修理は当店へ)
TEL:0798-66-6617
iphone修理西宮店
facebook  

Posted by そうとう at 08:40Comments(0)修理